コクーンシャツワンピース

ダークネイビーダークネイビー
オフホワイト×ネイビーオフホワイト×ネイビー
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
ダークネイビーダークネイビー
オフホワイト×ネイビーオフホワイト×ネイビー
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース
コクーンシャツワンピース

商品説明

「コクーンシャツワンピース」商品紹介

人気モデル・黒田知永子さんとのコラボレーション。
「“ワンピース=よそゆき”の思い込みを捨ててふだんから楽しんでほしい。」


 「一年中ワンピースを愛用していますが、特に夏場は必需品。風が通る涼しさはもちろん、二の腕やひざなど、大人の気になるところを自然とカバーできるものが理想です。スニーカーやサンダルと合わせたり、冷えが気になるときは靴下をはいてもかわいい。“ワンピース=よそゆき”と思い込んでパンプスしか合わせないなんてもったいない。もっと自由に着こなせば、蒸し暑い夏がよりラクに、楽しく変わると思います!」(黒田さん)

■いかにも“体形隠し”ではなく気になるところを自然とカバーできるのが理想。
・風が通る広めの袖。脇はピタッとさせず、空気の通り道ができるゆとりを。二の腕をカバーできる袖丈も鍵です。
・ボディラインをおしゃれに隠すシルエット。上半身はシャツ仕立てですっきり引き締め。ウエストから下は、コクーンシルエットでふんわりと。
・1番のこだわりはふくらはぎが隠れる丈。大人になったら、ワンピースもある程度の丈の長さが必要。ひざやふくらはぎを隠し、足首の細いところを見せてくれる丈感です。

■夏だから、素材はお手入れしやすいものを選びました。
 ハリのある薄手の綿混素材は、着ていてストレスを感じないさわやかさ。体にはりつかず、着姿にもきちんと感が生まれます。シワになりにくい素材で、汗をかいてもすぐ洗えるよう洗濯機OKにもこだわりました。

●小さめの襟で顔まわりがすっきり引き締まる
●ほのかな光沢のある生地はパンプスにも似合う
●背中のラインも自然とカバー。うしろ裾には脚が出にくいベンツ入り
●洗濯機で洗えます!
NEW サイズ交換無料

コクーンシャツワンピース

14,990 (税込)

449 ポイント 還元

選択してください

  • 在庫あり
  • 残りわずか
  • お待たせ
  • 売り切れ(入荷お知らせメールを受け取る)

日付はお届け予定日です。

ダークネイビー
09/01
09/01
09/01
オフホワイト×ネイビー
08/07
08/07
08/07

数量

入荷お知らせメールを受け取る
入荷お知らせメール申込済み
完売しました
在庫がありません。
ご希望の色・サイズを選択すると
入荷お知らせメールを申込めます。

お届け日の目安

08月07日頃

地域・商品によっては、もう少し日数をいただく場合があります。


■黒田知永子さんと作ったシャツとパンツはこちら。
「コットンゆったりシャツ」を見る
「テーパードパンツ」を見る

\黒田知永子さんスペシャルインタビュー/
モデル・黒田知永子さんが考える、大人世代のワンピース。


雑誌のモデルやテレビ出演など、幅広く活躍する黒田知永子さん。
60歳を迎えますます素敵に輝く黒田さんに、ご自身が大好きというワンピースの装いについて伺いました。
 
1枚でコーデがきまるワンピースは、蒸し暑い夏に欠かせない。
 最近、夏がとにかく暑いですね。朝から湿度が高くて、クローゼットの中のどんな服を見ても暑そうに見える。6月なのにこんなに暑くて、これから先の長い夏、何を着て乗り切ればいいの?と、暑さが苦手な私としては悩みどころ。そんなときこそワンピース! 何も考えずに1枚でさっと着るだけでさまになるのも暑い日にぴったり。体にピタッとはりつかない、風が通り抜けるデザインのものを選べば気持ちよく過ごせます。
 今はコロナ禍で行動が制限されていて、よそゆき用の服の出番がめっきり減ってしまいました。ゴージャスな服を買ったところで、どこに着ていくの?って。でもワンピースが1枚あれば、普段はカジュアルに着て、何かのときにはちょっときれいめにも着られる。そんなに高級なものでなくても、アクセサリーや小物次第で、割とちゃんとしたところにも着ていけるというのも魅力です。

いかにも「体形隠し」にならない、さりげないデザイン性が大切。
 昔はアメリカンスリーブのような、肩が大きく露出するワンピースが大好きでした。でも、やっぱりそれは若いころならではのアイテム。年齢を重ねると体や肌が変化するので、昔と同じものを選んでもしっくりこないのは当然です。
 体形よりも、変わるのはお肉のつきかた。キュッとハリがあったお肉がゆるんでくると、若いころとは体のラインが違ってくる。そういうのを自然とカバーしてくれるワンピースを選ぶようにしています。
 でも体のラインを隠すためだけに、ただサイズを大きいものを着るのはNG。少し袖がふんわりしているとか、うしろにギャザーが入っているとか。二の腕や丸くなってきた背中を目立たなくしてくれる工夫が、同時におしゃれに見える。そういうものが理想ですね。
 あといちばんこだわっているのは「丈」です。私はふくらはぎくらいの丈が好き。ひざは出さず、でも足首の細いところは出しているから、スラっと見えますよ。

「ワンピース=よそゆき」と考えず、もっと自由に楽しんで!
 10代、20代のころは、ワンピースっていわゆる「よそゆき」のイメージが強かった。ワードローブにもきれいめのデザインが多くて、普段はパンツスタイルがほとんど。よく着るようになったのは、30代くらいからでしょうか。きっかけをはっきり覚えているわけではないんですが、かわいいデザインを見つけて着てみたら、「あれ?すごく体がラクだな」って気づいたんですよね。そこからは、とにかくたくさん揃えるようになりました。
 「ワンピース=よそゆき」というイメージをお持ちの方もまだ多いと思いますが、今は時代も進んで、いろんな素材や形のワンピースがたくさん出ています。綿や麻のワンピースにスニーカーやサンダルなどを合わせて、どんどん普段から着てみてください。足を出したくない方や冷え性の方は、靴下を合わせるのもかわいいですよ。きちんとした人ほど、「この服はこうやって着なきゃ」とか「こんな格好で伺ったら失礼かしら」とかいろいろ考えがちですが、いろいろチャレンジしていけば、それだけファッションの幅は広がります。
 また年齢を重ねてくると、「このファッションは私には似合わない」とか「この色は恥ずかしくて着られない」とか、自分に似合うスタイルについて、意外とかたくなになっていることはありませんか?私は仕事柄いろんな衣装を着る機会がありますが、自分のワードローブに全くなかった服に袖を通したとき、「あれ、私、こういう服も似合うんだ!」なんて発見があったりするんです。ぜひ今の思い込みを捨てて、自分が好きだと思うワンピースの着こなし方を見つけてみてください。

黒田知永子 くろだ・ちえこ
1961(昭和36)年生まれ。学生時代に「JJ」(光文社)でモデルデビュー。以降、「VERY」「STORY」(光文社)、「éclat」(集英社)にて初代カバーモデルを歴任。現在は雑誌の他、テレビなどでも幅広く活躍。


■こちらは、「大人の女性には『ワンピース』が必要です特集」掲載商品です。
「大人の女性には『ワンピース』が必要です特集」で関連商品を見る

01_S02_M03_L04_LL
バスト100(77〜83)106(83〜89)112(89〜95)118(95〜101)
着丈114115116117
裄丈44.545.546.547.5
裾まわり99104109114
単位cmcmcmcm

■サイズ交換は送料無料です。
※サイズは「仕上がり寸」、カッコ内の数値は「適応サイズ」です。
※適応サイズは体のサイズです。サイズ選びの参考にしてください。なお、バストの適応サイズは、トップバストの数値です。
※サイズ表に記載があっても、完売によりご購入いただけない場合があります。あらかじめご了承ください。

仕様

■素材/【表地】綿40%、再生繊維(セルロース)40%、複合繊維(ポリエステル)20% 【裏地】綿100%
■前6つボタン開き/両脇ポケット/うしろセンターベンツ/スカート部のみ裏地つき

備考

※ベトナム製または中国製
※ベンツは約25cmです。
※柄の出方には個体差があります。
※オフホワイト×ネイビーは、生地に透け感があるため、ご着用の際はベージュのインナーをおすすめします。
■洗濯方法: 手洗い○ 洗濯機○ ドライ○

最近見た商品